新着情報 詳細

  • HOME
  • こだわり
  • 会社案内
  • 業務案内
  • 施工の流れ
  • 施工実績
  • お客様の声
  • よくあるご質問

外壁塗装するときに塗装が必要な劣化症状って?

外壁塗装するときに塗装が必要な劣化症状って? ""新築できれいだった住まいも年月の経過とともに傷んでいきます。もっとも影響が現れやすいのは、風雨や日差しなどの影響を受け続けている外壁です。そのため、長く暮らし続けるうえで外壁塗装は必須といえます。大体の目安は10~15年といわれていますが、それはあくまでも目安に過ぎません。劣化症状がひどい場合は目安に関わらず実施したほうが良いでしょう。必要な時が訪れたら、早めに直しておくことでトータルの出費を抑えやすくなります。悪化するほど費用がかかりやすいことを覚えておきましょう。 外壁の表面を擦ったときに、チョークの粉のようなものがたくさん付着する場合があります。これは紫外線などの影響で素材が劣化し、表面が細かく崩れて生じたものです。表面の粉程度であれば問題ないと楽観視する人が見受けられます。しかし、この劣化症状は内部に被害が起こりうることも意味しているのです。表面の耐久度がゼロに近い状態になっており、すでに内部にも影響が現れている可能性があります。したがって、早く外壁塗装を行わないと被害が深くなっていくかもしれません。 また、外壁に亀裂が走っている場合も注意が必要です。クラックと呼ばれる症状であり、警戒しなければならない度合いは太さで変わってきます。間近で見ないと分からないぐらい細いものは、ヘアクラックという名称です。この程度であれば大きな問題はありませんが、たくさん密集しているような場合や異様に長い場合は気を付けましょう。離れた位置からでも分かる太いクラックがあれば、急いで塗り直しを実施するのが得策です。その隙間から雨水が入り込むことで、重要な構造部分が錆びたり腐食したりするからです。そうなると外観の劣化だけに留まらず、住まい自体の耐久性が大きく下がることになります。 雨漏りも、外壁塗装の必要性を検討すべき劣化症状の一つです。屋根や天井の劣化だと考えがちですが、雨どいなどを伝って外壁から浸水しているケースも珍しくありません。この場合もやはり急いで外壁塗装を行わないと、構造部分に深刻なダメージを与えてしまう恐れがあります。また、単純に汚れやすくなってきたときも、塗り直しに適しているタイミングです。苔などが生えやすくなることは、外壁の耐水性が下がっている証拠に他なりません。水が表面に残りやすくなっているので、改めて塗料でコーティングすることが望ましいです。放置していると上記のような症状を招いてしまいます。

お電話・お問い合わせの方はこちら「塗装の事ならお気軽にご相談ください」TEL.06-6777-9133 【ミナミ工業】大阪市平野区瓜破西2-1-12